ファクタリングを利用する中小企業が増加中

中小企業の資金調達方法に有利とされるファクタリング。最近は特に中小企業で利用するというケースが増えてきたこともあり、専門の会社も多く見られるようになってきています。

ここで改めてファクタリングの仕組みやその方法について確認しておきましょう。

ファクタリングは、売り掛けの債務権利(納品やサービス提供が完了していて、請求済みであるものの支払いが実行されていないもの)を第三者である専門の会社が買い取るという取引のことを示します。

売掛金は相手企業の支払いタイミングによって手元に入るまでにタイムラグが発生することが多く、その間に急遽資金が必要となった場合に困ることもあります。

ファクタリング会社の比較

そのような場合に速やかに現金化できることがファクタリングの強みと言えるでしょう。中書企業における強い味方とも称されるのは、このような利便性があるからとも言われます。

決算上は黒字を計上している比較的優良な経営状況の企業でも、キャッシュフローの管理は気を抜けるものではありません。
売掛金の入金タイミングがずれることによって資金繰りがショートしてしまうケースも多くありますので、常に想定外の事態に対応するための対策を講じておくことがベターです。



ファクタリングの場合であれば、売掛先の企業の信用度が重要視されるために、ご自分が経営する会社の財務状況に影響されることなく現金を得ることができます。

銀行からの融資と基本的に性質が異なりますので、信用情報に関する心配もいりません。



ぜひその仕組みを知っておき、積極的に利用されることをお勧めします。